即日融資のキャッシングから、今が旬のローンカードやクレジットカードまで、すべてを徹底解説しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近では即日で融資が可能で、尚且つ低金利でキャッシングが可能なサービスがあります。


それが、NISグループの即日キャッシングになりますが、このサービスでは即日で融資が可能で、キャッシングカードでは珍しい低金利での融資が可能となっています。

しかも50万円までの融資では、かなり柔軟なカード発行を行っていることでも有名で、急な出費での即日融資では、このサービス以上の条件の良いサービスはないでしょう。

また、最大で1000万円まで可能なスマートトラストというサービスでは、保証人や担保も不要で借り換えや一本化も行っています。


しかしこれは、今までの消費者金融でのキャッシングの金利があまりにも高すぎたということもあります。

確かに、オンラインから申し込みを行えば、誰にも会わずにホンの30分~1時間程度で融資が決定し、自分の口座へ振り込みをしてもらえます。


しかし、即日で振り込んでもらう代わりに適用される金利は27%~29%前後。
正直これでは毎月の返済が難しくなるのは当然なのです。

いくら急な出費でのキャッシングだとしても、その後の返済を考えた場合、適用される金利が20%以下で無ければ、その後の生活が圧迫されていくのです。

人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト
現在の貸付金利は、消費者金融といわれるサービスでは29%前後で運営しているのが現状です。
これは法律で認められている金利の上限ギリギリでの貸付ということになりますが、しかし違法ではありません。

融資を受ける側が納得して利用するのであれば、29.2%までは法律で認められているとなります。
そして毎月の返済時に、その利用者が自分の意志で返済しているとなっています。

表向きはあくまでも例外処置として認めているというのが現状です。


そこで利用する側からすれば、できれば条件の良いサービスや金利の低いサービスを受ける方が毎月の返済金額も少なく支払いに困るということもなくなるということです。



仮に100万円の融資を受けたとして、1年間に支払う利息は約30万円。
しかし先ほどの条件の良いサービスや金利の低いサービスではどうかというと10~15万円前後となります。

これはあくまでも1つの目安としてですが、金利が高ければ高いほど毎月の返済金額や支払利息も多くなるということです。

そこで、ライブドアクレジットの様に、条件の良い即日ローンカードを選択する必要があります。

またこのサービスでは、最大500万円までの大口ローンもあり、急な出費の即日キャッシングから、現在の債務の一本化やおまとめローンまで幅広く対応しているサービスを選択する必要があります。

人気ブログランキングに参加しています
このブログでは、金利の高いサービスをいかに返済していくか、どうすれば低金利への借り換えを行なうことができるのかを解説していきます。
また、即日融資が可能なサービスや女性の方でも安心して利用できるサービスなど、様々な条件の方でも利用できるサービスを解説していきます。

まずは消費者金融でのキャッシングサービスからです。


融資を受けるといっても、
・消費者金融といわれるサービス
・ローンカードといわれるサービス
・クレジットカードによるキャッシング

大きく分けるとこの3種類となります。

その他にも自営業や事業主として仕事をしているのであれば銀行からの融資やビジネスローン、そして一生の買い物となる住宅ローンも融資を受けるという意味では同じとなります。



では消費者金融からの融資ではどうか。

通常キャッシングといえば消費者金融の即日融資となります。
その際に適用される金利は29%前後。

これは利息制限法と出資法とがある現状の法律で認められる上限ということになります。


上記の法律的な縛りは後日説明するとして、通常の融資では29%を基準にしているとなります。
そしてそれ以下で運営するのは各金融会社でのサービスの範囲内となります。

そこで現時点で15%や20%で貸付を行っているサービスは、あくまでもその企業でのサービスということになるのです。


そこで、即日で融資を受ける代わりに適用される金利が29%。
融資を受けるまでに2~3日必要な18%でのローンカード。

どちらが本当に得なのかということになります。

人気ブログランキングに参加しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。